錦糸町 激安 デリヘル ゴールデンボールZ  フェラ 巨乳 おっぱい パンスト 激ピストン 美少女 着衣 スレンダー 姉 潮吹き 制服 コスプレ 痴女 パイパン 騎乗位 積極的 主観 ローション 奉仕 誘惑 ぶっかけ ハード オイル 水着 パイズリ 企画 調教 バック 女子大生 イラマチオ 淫乱 下着 キス OL 乱交 ナンパ 羞恥 手コキ M性感 マゾ どM どS ムチムチ ギャル 黒ギャル 白ギャル 隠語 電マ フェチ メイド 20代 熟女 人妻 アナル 食い込み プレミアム ヤンキー 処女 
#錦糸町デリヘル #激安 デリヘル ゴールデンボールZ 風俗 フェラ 巨乳 おっぱい パンスト 激ピストン 着衣 スレンダー 姉 潮吹き 制服 コスプレ 痴女 パイパン 騎乗位 積極的 主観 ローション 奉仕 誘惑 ぶっかけ ハード オイル 水着 パイズリ 調教 バック 女子大生 イラマチオ 淫乱 下着 キス OL 乱交 ナンパ 羞恥 手コキ M性感 マゾ どM どS ムチムチ ギャル 黒ギャル 白ギャル 隠語 電マ フェチ メイド 20代 熟女 人妻 アナル 食い込み プレミアム  


日本エロ話「横島太郎」

#錦糸町 #レンタルルーム #ニュードリーム #格安 #ラブホテル  #ビジネスホテル #簡易宿泊施設 #ホテル #プチホテル #お部屋 #デリヘルが呼べるホテル #激安 #レンタル #ルーム #れんたるるーむ #カップル #フェラ #神待ち #出会い #売春はやってはいけません #激安  #ゴールデンボール #きんしちょう #風俗 

むかしむかし、ある村に、心のやさしい横島太郎という若者がいました。

横島さんが海辺を通りかかると、ちびっこ達がちんちんを出してあそんでいました。

そばによって見てみると、ちびっこ達がみんなで亀頭をいじっています。

「おやおや、かわいそうに玉も掴むともっといいぞ!」

「いやだよ。おらたちやっとこの気持ちよさにたどりついたんだもの。どうしようと、おらたちの勝手だろ」

見ると亀頭はカウパーをハラハラとこぼしながら、浦島さんを見つめています。

 

横島さんはエロ本を取り出すと、子どもたちに差し出して言いました。

「それでは、このエロ本をあげるから、おじさんの言うとおりにしてごらん。」

「うん、それならいいよ」

 

こうして横島さんは子どもたちに、

「大丈夫かい?一点に集中しちゃうとすぐいっちゃうんだ」

と、マスターベーションの仕方を教えて帰りました。

 

 さて、それから二、三日たったある日の事、横島さんが海に出かけて魚を釣っていると、

「・・・横島さん、・・・横島さん」

と、誰かが呼ぶ声がします。

「おや? 誰が呼んでいるのだろう?」

「わたしですよ」

 すると海の上に、ひょっこりと先日の子供が顔を出して言いました。

 

「このあいだは助けていただいて、ありがとうございました。」

「ああ、あの時のちびっこ!」

「はい、おかげで楽しく遊べました。ところで横島さんは、竜宮(りゅうぐう)へ行った事がありますか?」

「竜宮? さあ? 竜宮って、どこにあるんだい?」

「歓楽街です」

「えっ? 君は歓楽街に行けるのかい?」

「はい。わたしがお連れしましょう。さあ、タクシーに乗ってください」

 

ちびっこは横島さんをタクシーに乗せて、ずんずんと進んでいきました。

歓楽街にはまっ青な光が差し込み、客引きがユラユラとゆれ、赤やピンクネオンの林がどこまでも続いています。

 

「わあ、きれいだな」

 

横島さんがウットリしていると、やがて立派なソープランドへ着きました。

「着きましたよ。このご殿が竜宮です。さあ、こちらへ」

ちびっこに案内されるまま進んでいくと、この竜宮の主人の美しい乙姫(おとひめ)さまが、色とりどりの娘たちと一緒に横島さんを出迎えてくれました。

 

「ようこそ、横島さん。わたしは、この竜宮ソープの主人の乙姫です。このあいだは息子のムスコのカメを助けてくださって、ありがとうございます。お礼に、竜宮をご案内します。どうぞ、ゆっくりしていってくださいね」

横島さんは、竜宮の広間ヘ案内されました。

横島さんが用意されたスケベ椅子に座ると、娘たちが次から次へと素晴らしいサービスをしてくれます。

 

ふんわりと気持ちのよい音楽が流れて、エイやクラゲに吸われているような、それは見事なサービスが続きます。

ここはまるで、天国のようです。

そして、

「もう一日、いてください。もう一日、いてください」

と、乙姫さまに言われるまま竜宮で過ごすうちに、三か月の月日がたってしまいました。

 

ある時、横島さんは、ハッ!と思い出しました。

(家族や彼女は、どうしているだろう?)

そこで浦島さんは、乙姫さまに言いました。

「乙姫さま、今までありがとうございます。ですが、もうそろそろ家へ帰らせていただきます」

「帰られるのですか? よろしければ、このままここで暮しては」

「いいえ、わたしの帰りを待つ者もおりますので」

 

すると乙姫さまは、さびしそうに言いました。

「・・・そうですか。それはおなごりおしいです。では、おみやげに玉手箱(たまてばこ)を差し上げましょう」

「玉手箱?」

「はい。この中には、横島さんが竜宮で過ごされた『時』が入っております。

これを開けずに持っている限り、横島さんは年を取りません。

ずーっと、今の若い姿のままでいられます。

ですが一度開けてしまうと、今までの『時』が戻ってしまいますので、決して開けてはなりませんよ」

 

「はい、わかりました。ありがとうございます」

乙姫さまと別れた横島さんは、またちびっこに送られて家へ帰りました。

 

家にもどった横島さんは、まわりを見回してびっくり。

「おや? わずか3か月で、ずいぶんと様子が変わったな」

確かにここは横島さんの家ですが何だか様子が違います。

横島さんの家には張り紙が張られているし、知らない人が家の周りを囲んでいました。

 

「わたしの家は、どうなったのだろう? みんなはどこかへ、引っ越したのだろうか? ・・・あの、すみません。横島の家を知りませんか?」

 

横島さんが一人の老人に尋ねてみると、老人は少し首をかしげて言いました。

「家賃の滞納!公共料金の滞納!」

 

「えっ!?」

 老人の話しを聞いて、横島さんはびっくり。

 竜宮の三か月家賃は一切払っていなかったのです。

 

「彼女にも、ばれていたのか・・・」

 

 がっくりと肩を落とした横島さんは、ふと、持っていた玉手箱を見つめました。

 

「そう言えば、乙姫さまは言っていたな。

この玉手箱を開けると、『時』が戻ってしまうと。

・・・もしかしてこれを開けると、自分が暮らしていた時に戻るのでは」

 

そう思った横島さんは、開けてはいけないと言われていた玉手箱を開けてしまいました。

 

うらしまたろう

 

モクモクモク・・・。

すると中から、まっ白のけむりが出てきました。

 

「おおっ、これは」

けむりの中に、竜宮や美しい乙姫さまの姿がうつりました。

そして楽しかった竜宮での三か月が、次から次へとうつし出されます。

 

「ああ、わたしは、竜宮へ戻ってきたんだ」

浦島さんは、喜びました。

でも玉手箱から出てきたけむりは次第に薄れていき、その場に残ったのは多額の請求書で横島さんは真っ白になってしまいました。

 

お遊びもほどほどに

 

めでたしめでたし。

激安デリヘル ゴールデンボールZ 錦糸町店 (∩´∀`)∩いらっしゃいませ本日も激安でご案内中!安さ爆発のゴールデンボールZでは、錦糸町のデリヘルの中でも最強価格となっております。 基本サービスは、ディープキス、生フェラ、全身リップ、素又、玉舐め、指入れ、パイズリ、ローション、69、口内発射、アナル舐め、乳首舐めとなっております。どなた様も激安デリヘル「ゴールデンボールZ」をご利用くださいませ! 当店は日本人専門店ですので、外国の方はいません。安心してご利用くださいませ(∩´∀`)∩